アルコールインクアート作品活用第5弾!
過去の記事はこちら(第1弾「作品を飾ろう」/第2弾「うちわを作ろう」/第3弾「コピックインクでインクアートネイルをしよう!」/第4弾「インクアート作品をレジン加工しよう」

ドライフラワーとは異なり、生花のうちに色素を抜きお好みのインクを吸わせることで鮮やかな色合いを長期的に保つことができるプリザーブドフラワーの染色方法を解説します。
大切な方へのギフトやお部屋のアクセントに最適で、コピックインクからの直染めも出来面倒な片付けも最小限に抑えられるので、ぜひお試しください!

用意するもの

・コピックインク(バリオスインク)0番
※0番は大量に使うので、カラーレスブレンダー200mlもおすすめです
・コピックインク(バリオスインク)2〜3色
・ビニール手袋
・ビニール(汚れ防止のため机に敷くもの)
・キッチンペーパー
・筆
・陶器の溶き皿、または使い捨てのプラスチックコップ
・白いプリザーブドフラワー(見本ではバラを使用)

コピックインク(バリオスインク)使用上の注意

  • コピックインクはアルコールマーカー「コピック」の補充用インクです。着色する素材によっては色落ちや色移りする場合もありますので充分ご注意いただいた上でお楽しみください。
  • コピックのインクは可燃性のアルコールインクです。必ず直射日光の当たらない火気のない所に保管してください。
  • インクの主成分であるアルコールが揮発するため、作業中はなるべくこまめに換気を行うことをおすすめします。気分が悪くなった際は作業を中断し、体内のアルコール成分が分解されるまで水分を多めに取り休憩してください。
  • コピックインクは染料インクのため、肌や衣服などについてしまった場合インクを落とすのが困難になります。作品を作る際は、汚れても良い衣服の着用やテーブルの保護など、作業環境に十分注意してください。(FAQ.コピックの色が肌についてしまいましたFAQ.インクが服について汚れてしまいました)
  • 幼児の手の届かないところに保管してください。



作業場にビニールを敷き、キッチンペーパーを敷いてから作業を開始してください。
見本使用色:B23・V04

1.コピックインク(バリオスインク)0番を、プリザーブドフラワー全体がしっとりするくらいくまなく垂らします。



2.溶き皿(プラスチックコップ)にコピックインク0とB23を5〜6滴ずつ垂らし筆で軽く混ぜてから、プリザーブドフラワーにぽんぽんと優しく色を乗せていきます。
※インクの量は、花の大きさや好みの色の濃度に合わせて調節してください。
※インクはすぐに蒸発するので、スピーディーに作業してください。



3.筆を0番(カラーレスブレンダー)で洗ってから、2と同様にV04で着色します。

※コピックインクはアルコール染料で、水では色が落とせないので必ず0番で洗ってください。



4.色の境目は、②と③を繰り返して馴染ませます。



5.風通しの良い暗所で2〜3日乾燥させて出来上がり。

溶き皿と筆を使うことで色の調整がしやすくなり、濃い色をふんわり発色させたりグラデーションがしやすくなります。

より濃く発色させたい場合や元々薄い色を使う場合

1.の作業のあと、コピックインクを直接プリザーブドフラワーに垂らして着色しても大丈夫です。

直接垂らして使用する場合は、インクが出過ぎないように慎重に少しずつ垂らしてください。
※アルコール染料のため、インクが付着した筆・溶き皿は水では落とせません。0番で洗い流してください。

青とピンクなど遠い色相の色を使ったり、グラデーションのムラをあえて作ることでドラマチックで印象的なプリザーブドフラワーを簡単に染めることが出来ますよ♪
染色後は完全乾燥までに少し時間がかかりますが、しっかりと乾かせばインク特有のぺたぺた感もなく飾ってお楽しみいただけます。